page loader

需給調整力サービス事業化

宮古島EMS実証事業等と連携し
需給調整力を電力供給者等へサービス提供

自動車のバッテリーなど少量の電力であれば貯めて使うことができますが、大量の電力は貯めることができないか、又は貯めることにコストが掛かります。
そのため、大量の電力は発電による供給と需要が同時に同量でなければなりません。
弊社では宮古島EMS実証事業等と連携し、需要家設備に対する遠方制御技術を確立して、需給調整力を得て電力供給者等へサービス提供することで、下記のような事例に貢献致します。

  • 電力系統の負荷率向上による電力供給コストの低減
  • 太陽光発電や風力発電の出力抑制回避による再エネ供給量の拡大
  • 需要家の省エネルギー効果の拡大
  • 需要家のエネルギーコストの低減

0